金属外壁工事

金属外壁材の特長

金属外壁材の中でもProudがオススメしているのは、アイジーサイディングです。 ここでは金属外壁材の代表として、アイジーサイディングの特長を説明します。

外壁材と断熱材をひとつに!

metal_wall01

凍害の心配なし!寒冷地OK

寒冷地では、外壁材が吸水し、凍結と融解を繰り返すことで基材が劣化する「凍害」という現象が見受けられます。 アイジーサイディングは表面が鋼板のため、吸水がなく凍害の心配がありません。

metal_wall02

高い断熱性を発揮!

アイジーサイディングは断熱性に優れたポリイソシアヌレートフォームを採用し、他の外壁材と比較しても抜群の断熱性能を誇ります。 高い断熱性で冷暖房費などの光熱費を削減でき、省エネルギーでCO2の削減に貢献します。

熱貫流率から断熱性能を比較しました。 「熱貫流率」とは、熱の伝えやすさを表した値で、数値が少ない方が断熱性に優れています。 「ガルフィーユi」「ガルスパンNEO-Jフッ素」は15mmの薄さでも、他の外壁材と比べ、優れた断熱性能を持っていることがわかります。

metal_wall03

軽量で地震に強い!

地震による建物への負荷は、建物の重量に比例して増大するため、建物の重量が重いと地震時の建物の揺れも大きくなります。 量なアイジーサイディングを使用した場合、建物の重量も軽くなり、地震時の揺れ幅も小さくなります。 また、建物の柱や梁などの躯体にかかる負担も軽減できます。

metal_wall04
metal_wall05
アイジーサイディングはかん合部の片側のみを固定する構造となっており、地震時にはかん合部がスライドして揺れに追従します。 そのため、破損・脱落の心配がありません。
metal_wall06